• 吉岡

自宅でできる温活♪

こんにちは。

エステティックサロンCREOです(^^)/



本格的な冬に向けて

自宅でできる温活をご紹介☆

寒い冬を元気に乗り切りましょう(*^-^*)



①入浴


 ぬるま湯にゆったり入ることが重要です!

 38〜40℃のぬるめのお湯に10分以上、

 時間に余裕があるときは20~30分。

 下半身を集中的に温めたい時は、半身浴がオススメ☆


 さらに温活効果アップを助けてくれるのが入浴剤です☆

 入浴剤はリラックスできるバスタイムを、より特別な時間にしてくれるアイテムの1つ♪

 冷え性の方は、冷え性に効果があるものを選ぼう(^^)/



②飲み物

 毎日飲んでいるものを

 ハーブティーや漢方茶にする事で、

 自然と無理なく温活ができます♪

 マイボトルを持ち歩けば、1日中身体を温められます☆


 白湯・ハーブティー・紅茶・ココア・生姜湯・葛湯・甘酒など、

 身体を温めてくれる飲み物を積極的に飲んでみて下さい(^_-)-☆



③筋トレ 

 身体を冷やさないためには、基礎代謝を上げることが大切(^^)

 基礎代謝量の多くは筋肉で産生されており、

 全身に血液を行き渡らせるポンプのような役割を果たすので、

 筋肉量を増やせば身体を効率良く温める事ができます♪


 筋肉の約7割は下半身に集中しているので、

 太ももやふくらはぎ、お尻などを鍛えれば筋肉量を増やせます☆

 家事をしながらつま先だちをしたり、テレビを観ながらスクワットをしたりと、

 "ながら"運動を取り入れて無理なく筋トレを続けましょう(^^)/



④ナッツ類

 お菓子はなるべく控えることが大切です。

 粉類や砂糖を多く含むお菓子は血糖値の上昇を促し、

 代謝を下げてしまいます…。

 とくに、お菓子に使われる白砂糖は、

 身体を冷やす原因にも…(>_<)


 お菓子の代わりにオススメなのが、タンパク質が補給できるナッツ類☆

 タンパク質は筋肉を作るために必要な栄養素です。 

 種類が豊富で栄養価が高く、満足感が得られるため

 小腹が空いたときにもピッタリです(^^)



⑤食材

 漢方では、食べ物には身体を温める「陽」の物があると言われています。

 

 ●食べ物の一例

 にんじん、かぼちゃ、タマネギ、れんこん、ごぼう

 ショウガ、ジャガイモ、自然薯(じねんじょ)

 玄米、赤身の肉・魚、納豆、キムチ


 さらに、発酵食品は代謝を良くする酵素が含まれています。

 納豆やキムチのほかにも、味噌や醤油、漬物、ヨーグルトやチーズもオススメ♪

 身体を温める効果が期待できます(^^)/



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示